メルカリのブロック機能を解説!ブロック後の制限・解除方法

mercari_block_0

本記事では、フリマアプリ・メルカリのブロック機能について、徹底解説します。

メルカリでは、マナーの悪いユーザーなどをブロックする機能が存在します。しかし、「ブロックすると相手にバレるの?」と、心配になる人もいるのではないでしょうか。
結論からいうと、ブロックしたことが相手に通知されることはありません。出品者はもちろん、購入者も安心して機能を使用することができます。

ブロックする・されるとどうなるのか、なぜブロックされるかの理由も解説しているので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

目次

メルカリのブロック機能のルール

mercari_block_1

ブロック機能とは、特定のユーザーからの購入やコメントなどを制限する機能のことです。ブロック機能を使っても相手に通知は行かず、取引中でも利用できる仕組みになっています。

快適にフリマを利用するためにとても便利な機能ですが、現在利用できるのはアプリ版のみとなっているので、注意が必要です。

メルカリでブロックすると相手に制限がかかる

ブロック機能でユーザーをブロックする・されるとどうなるのか、気になっている人も多いのでは。ブロックされた相手は、ブロックした相手に対し、機能に制限がかかります。

制限される行為
  • フォロー
  • 商品の購入
  • 商品へのいいね
  • 商品へのコメント
  • 検索履歴からの削除

ブロックされたユーザーは、ブロックしたユーザーをフォローできなくなります。すでにフォローされているユーザーをブロックした場合、フォローが解除される仕組みになっています。
また、ブロックしたユーザーが出品した商品へのいいね・コメント・購入もできなくなります。商品の検索履歴からも削除され、非表示されなくなります。

ただし、出品前のコメントはそのまま残るので注意が必要。追加のコメントがあった際、相手に通知が行かないようにするため、コメントを削除するのがおすすめです。

また、ブロックしたユーザーが出品した商品は、自身の検索結果から非表示となります。例えば、業者のように同じ商品を大量出品しているユーザーをブロックすることで、検索結果が見やすくなる場合もあります。

ブロックの通知はいかないが相手にエラーが表示される

ユーザーをブロックした場合、相手にブロックされた旨の通知が届くことはありません。しかし、特定の行動をした場合、相手にバレてしまう可能性があるんです。

メルカリでは、いいね・購入を行おうとした場合、出品者からブロックされている旨のエラーが表示され、いいね・購入ができなくなります。この表示によって、ブロックしていることが相手にわかる仕組みになっています。
通知が行かなくてもブロックがバレてしまう可能性があるので、留意しておきましょう。

取引中のブロックで取引中断になることはない

メルカリでは、商品の取引中であっても、相手をブロックをすることができます。

取引中にブロックをした場合でも、通常通り取引は継続されます。ブロックするといいねやコメントは制限されますが、取引メッセージは通常通り使用することができます。

しかし、取引中にブロックしたことが相手にわかってしまった場合、逆恨みをされる可能性も。取引の遅延や、不当な評価をつけられるなどのトラブルに繋がることも考えられます。
このような事態を避けるために、取引中のブロックはできる限り避け、評価完了後にブロックすることをおすすめします。

メルカリで相手をブロックする方法

mercari_block_2

ブロックは、下記の手順で行うことができます。

ブロックのやり方
  1. ブロックしたいユーザーのページを開く
  2. 右上にある点線マークをタップする
  3. 「この会員をブロック」をタップする
  4. 注意事項のポップアップで「はい」を選択する

ブロックは、ブロックしたいユーザーのページから簡単に行うことができます。

注意事項のポップアップでは、本記事で解説したように、フォローや購入が制限されることが表示されます。問題ないか再確認した上で、ブロックを行いましょう。

ブロックリスト一覧の確認方法

mercari_block_3

自分がどのユーザーをブロックしたかの一覧は、下記の方法で、マイページより確認することができます。

ブロックリスト一覧の確認方法
  1. マイページを開く
  2. 「個人情報設定」をタップする
  3. セキュリティ項目の「ブロックした一覧」をタップする
  4. ブロックしたユーザーが一覧で表示される

ブロックしたユーザーが増えてきた場合、一覧で確認することができ、とても便利です。一覧からブロックしたユーザーのページで飛ぶことができるので、ブロック解除を行いたい時にも有効利用できます。

ブロックの解除方法

mercari_block_4

一度ブロックしたユーザーは、いつでもブロック解除することができます。

ブロックの解除方法
  1. ブロックを解除したいユーザーのページを開く
  2. 右上の点線マークをタップする
  3. 「ブロックを解除」をタップする
  4. 注意のポップアップで「はい」をタップする

解除したいユーザーのページへは、ブロックリスト一覧を利用すると簡単にアクセスすることができます。

また、ブロックされたユーザーから解除を依頼することはできません。ブロック解除ができるのはブロックした側のユーザーのみになるので、注意が必要です。

なぜブロックされたのか?よくある理由

mercari_block_5

「ユーザーにブロックされたけど、理由がわからない」と、お悩みの人もいるのでは。ブロックされる理由には、以下のようなものが挙げられます。

ブロックされてしまう理由の一例
  • 「値下げ不可」「まとめ売り不可」など、出品者の独自ルールに抵触するコメントを行なった
  • 質問が多いなど、対応が面倒だと感じられた
  • 言葉遣いや態度が悪かった
  • 無理な要求や約束を破るなど、トラブルを予感させる行動があった
  • 悪い評価が目立っていた

商品を取引する上で、トラブルや面倒に発展しそうな言動が見られた場合、ユーザーをブロックする出品者が多いです。基本的な挨拶や敬語はもちろん、出品者が設定している独自ルールにも目を通した上でコメントを行うようにしましょう。

ユーザーの中には、横柄な態度や悪い評価が目立つユーザーも。出品でメルカリを利用しているユーザーは、購入後のトラブルを防ぐため、ブロック機能を有効的に活用しましょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次